Mission

私たちは防災を通じて、地域の発展に役立ちます。

2011年3月11日を

官民創生プラットフォーム

全国各地にある自治体様と共に、地方創生に取り組んんでいくプロジェクトです。

自治体と企業のプラットフォーム・ネットワークを活用して、実施したい企業と課題を持つ自治体・企業のニーズやシーズ、課題と経営資源を持つ企業とのコーディネートを実施。
経験の積み重ねによってのみ形成される防災に関する知識・ノウハウ・スキルを集約し、既存防災市場の課題を解決するプロダクトを創造。社会実装をしていきます。

LIFE STOCK

2011年3月11日、東日本大震災が起こった日。
わたしたちも津波から逃れ、避難所に身を寄せました。
震災翌日から、仲間とともに炊き出しを始め、多くの避難所に足を運びましたが、そこで見た光景が今も忘れられません。
水はなく、乾パンだけを手にする人たち。
「堅いものは食べられない」と話す高齢者の男性。
小麦アレルギーなのにパンを我慢して食べ、腕や首に発疹が出ている男の子。

 

災害直後は、まず水が不足します。

災害直後から、水がなくても誰でも食べられる非常食の必要性を痛感しました。
「3.11の被災経験から得た知恵は、未来の命を救う」
その思いを持ち続け、様々な研究や試験を繰り返しました。
震災から8年。その経験から生まれたのが、5年半保存可能なゼリータイプの非常食「LIFE STOCK」です。

所在地
〒985-0874
宮城県多賀城市八幡字一本柳117番地の8
TEL:022-355-6696
FAX:022-355-6695